建売住宅との違いに注目

男女

碧南で注文住宅でマイホームを建築することを計画している方にとって、最大の動機は自分の理想や希望を住まいに反映できる点にあるのではないでしょうか。住まいへのこだわりが強い人にとって、建売住宅に比較すればはるかに魅力的なのは確かです。しかし土地も家も既に完成済みの建売住宅を購入するときとは違って、土地を先に購入したり完成前に節目により数回にわけてまとまった金銭の支払が必要になるなど、建売住宅とは明らかに違う局面を乗り切る必要があります。設計士やデザイナーへの報酬が発生することも踏まえると、建売住宅よりもはるかに注文住宅の場合は資金計画をシビアに検討するべきです。マイホームを購入するときには住宅ローンを利用するのが一般的ですが、基本的に建物が完成し表示登記が完了した段階でローンの本審査と実行がなされます。ところが注文住宅の場合は、工事契約金・中間金などの名目でいくつかにわけてまとまった現金を支払うスキームになっています。そのため途中で支払うことになる諸費用を自己資金で全て工面することは難しく、場合によっては「つなぎ融資」の利用も選択肢に入ってきます。この点は土地建物の費用を引き渡し前に一括して支払う建売住宅にはないポイントです。

費用には何が含まれるか

住宅模型

碧南で注文住宅を建築するとき建売住宅に比べると、予算が厳しくなるにもかかわらず高い人気を集めているのは間取りや設備・外観から内装に至るまで自分の理想をお住まいに反映できるからです。もっとも最近ではコストを抑制しながらも、注文住宅のオーダーできるメリットの両面を活かすためにセミオーダータイプのシリーズもハウスメーカーなどから販売されています。ある程度間取りや設備などを類型化していくつかのタイプから選択するシリーズもあれば、設備などの選択肢が用意されており自分好みを選択することで、個性的な家づくりを可能にするなど各社でコストと理想の両方を追求したスタイルが苦心して提供されています。ところで注文住宅では工事費用の相場観を掴んでもらうため、「坪単価」が広告などで表示されているのを目にするはずです。建売住宅の場合は本体価格に地盤調査費や冷暖房などの主要な設備費用なども込みで表記されています。しかし注文住宅では普通は本体価格の工事費を意味しており、それ以外の諸設備や地盤調査などは別途費用として計上されることになります。また延べ床面積なのか総施行面積を前提にした坪単価なのかも、メーカーにより異なるのでどこまで建物工事費に含まれるのかをシビアに見極める必要があります。

広告募集中